ほくろが出来る原因を見てクリニックで除去してもらおう

ほくろ除去のことで把握したい情報はこちら!

女性

除去後に気を付けたい点

ほくろ除去をしてもらったら、次は綺麗に傷を治すことが大事ですよ。そこで、綺麗な仕上がりにするために気を付けたいポイントをチェックしていきましょう。このポイントを確認することで、満足のいく結果にすることが出来ます。

READ MORE

ほくろ除去はクリニックで!

相談

悩みを解消するために

気付いたら発生していることが多いほくろ。顔など際どい箇所に出来てしまったら、悩みやコンプレックスになってしまうでしょう。メイクやセルフケアなどでは消すことが出来ないほくろは非常に厄介な存在と言えます。そこで、ほくろ除去で利用してほしいのが美容外科クリニックです。気になるほくろを自分で除去してしまうと、予期せぬトラブルを起こしてしまったり肌に傷が付いたりする恐れがあります。そのため、ほくろ除去を考えている場合は、ちゃんと医師に相談することをおすすめします。適した治療で綺麗にほくろ除去をすることが出来るでしょう。

クリニックをおすすめする理由

ほくろ除去を美容外科クリニックで行なう場合、豊富な治療法の中から自分の適している方法を選択することが出来ます。ほくろの大きさや症状によっては、向き不向きの治療法があるので、医師と相談しながら綺麗に除去するための治療を選びます。最新の治療法も展開されていることから、より綺麗にほくろ除去をすることが可能ですよ。また、美容外科クリニックとなっているので、万が一のトラブルにも安心して対応してくれます。大阪には、ほくろ除去を行なってくれる美容外科クリニックが多くあるので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

ほくろが発生してしまう原因BEST3

no.1

紫外線の影響

なぜ、ほくろは発生してしまうのでしょうか。発生する原因として最も考えられるが、紫外線による影響となっています。肌に紫外線を浴びてしまうと、ダメージが与えられてほくろの元となるメラニン色素が発生してしまいます。このメラニン色素が体内に蓄積されてしまうと、ほくろとして皮膚に現れてしまうのです。これが紫外線による影響でほくろが発生しやすい原因と言えるでしょう。そのため、長時間、外に出る機会が多い人はほくろが出来やすい環境になるので注意が必要です。

no.2

ストレスを溜める

実はストレスを多く蓄積してしまっても、ほくろが発生して増えてしまいます。人間は精神的ストレスを感じてしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまいます。ホルモンバランスの乱れが関係してメラノサイトが活性化されてしまうのです。また、過度なストレスでは新陳代謝も下がってメラニン色素も溜まりやすくなります。ストレスを溜めることは心身に悪影響を与えるだけではなく、ほくろにも関係していることをしっかりと把握しておきましょう。

no.3

睡眠不足

日本人は睡眠時間が短く、睡眠不足の人が多いと言われています。残念なことに睡眠不足もほくろが発生する原因となっていますよ。人間は睡眠中に成長ホルモンの分泌が活性化しており、古い細胞などを新しい細胞に循環していきます。この働きをターンオーバー機能と呼んでいます。そのため、睡眠不足の状態が続いているとターンオーバー機能が正常に働かなくなって、蓄積されたメラニン色素などがほくろになってしまいます。睡眠とほくろにも関係性があるので、夜はきちんと寝ることが重要と言えるでしょう。特に22時~2時の間に眠るのがおすすめです。

ほくろ除去に効果的な治療法4つを紹介

炭酸ガスレーザー

大阪にある美容外科クリニックでは、レーザー治療によるほくろ除去が主流となっています。その中でも、炭酸ガスレーザーの利用者が多くて代表的な治療法と言えます。炭酸ガスレーザーでほくろを除去する仕組みは、皮膚内なる水分に炭酸ガスが反応することで、ほくろを消していきます。レーザーでほくろがある部分を焼いていくので、除去した後は傷口が目立ちますが、日数が経過すると元に戻るので安心です。施術が楽で、痛みもほぼないことから人気を集めています。

Qスイッチヤグレーザー

小さい平らなほくろを除去する際に、行われる治療法として「Qスイッチヤグレーザー」が有名です。この治療法では、ほくろの元となっているメラニン色素のみ反応するので、安全に組織を破壊することが出来ますよ。プチ整形としての感覚が強くて、気軽に施術を行なえるという点が嬉しいです。身体に与える負担も少ないので、安心して施術を受けることが出来るでしょう。また、このQスイッチヤグレーザーでは、ほくろ除去以外にも様々な美容効果をもたらしてくれます。

切開縫合法

ほくろ除去には外科的手術で行なう場合もあります。大きめのほくろや厚さがあるほくろなどは、手術で除去をする方が自然な仕上がりになることから、「切開縫合法」を選択するクリニックが多いです。基本的にメスを用いて該当のほくろを除去していき、縫合していくでしょう。縫合後はしっかりとダウンタイムを取りつつ、抜糸を行なうことが重要となっています。もし、大きめのほくろを除去したいと考えている場合は、この方法を検討してみることです。

くり抜き法

最後にほくろ除去の治療法で効果的なものに「くり抜き法」があります。この方法は、医療用のパンチを使って除去したいほくろを円形に取り除きます。なお、背中や胸、腕の箇所は血流が少なくなっているので、くり抜き法をしてしまうと術後の傷が目立ってしまうことがあるので注意が必要ですよ。このように、ほくろ除去には数々の治療法があります。大阪にある美容外科クリニックでは今回紹介した治療法を受けることが出来ますよ。

[PR]

ほくろ除去治療なら大阪のクリニックを受診しよう
保険適応可能な施術を提供中!
広告募集中